大学受験の日本史を考える

大学受験予備校で日本史講師をしている鈴木和裕です! 大学受験の日本史について思いつくままに書いていきます!

ご意見・質問などはこちらまで
kazumha64@yahoo.co.jp

センター試験について考える

2015年センター日本史B本試験の難問分析 ~その4~

2015年のセンター日本史B本試験の難問分析の最終回です。

◆第6問 問3 問題番号31

問3 下線部(c)の人物[安井曽太郎]に関して述べた次の文X・Yについて,その正誤の組合せとして正しいものを,下の①~④のうちから一つ選べ。

 X 「悲母観音」などの優れた日本がを制作した。
 Y 美術団体の二科会に参加した。。

  ① X 正  Y 正② X 正  Y 誤
 ★③ X 誤  Y 正④ X 誤  Y 誤

 またもや2文正誤ですが,文化史,それも絵画史となると半分以下の正答率も頷けます。文化史を弱点として残しておくと,高得点は取れません。「悲母観音」,二科会以前に安井曽太郎を知らなくて,適当に解答した受験生が多い気がします。日本画・西洋画の区別ぐらいはできるようにしておきたいところです。文化史攻略の攻略ポイントは文化区分と「グループ」分けです。近代文学なら写実主義か,ロマン主義か,自然主義かなど,どのグループに属する作家か,作品かなどをおさえておきましょう。それが正誤問題のポイントです。


◆第6問 問5 問題番号33

問5 下線部(d)に関連して,日中戦争勃発前後の政治・文学に関して述べた次の文a~dについて,正しいものの組合せを,下の①~④のうちから一つ選べ。

 a 第1次近衛文麿内閣は,中国に宣戦布告し,全面戦争への決意を示した。
 b 北京郊外で起こった日中両軍の衝突は,その後,上海などへも波及した。
 c 報道の検閲は厳しかったが,小説は検閲の対象外であった。
 d 政府の弾圧により,プロレタリア文学者が転向を迫られた。

 ① a・c② a・d③ b・c★④ b・d

 これは半分強の受験生ができていましたが,誤答が②に偏っています。aとbの判断ができなかったようです。やや些末な内容でしょうか。aが正文だと思った受験生とbが誤文だと思った受験生がいたでしょうか。aは「宣戦布告した」というのが誤りなのですが,宣戦布告はしていないのです。アメリカの中立法を避けるためだったのですが,そこまで知っている受験生は少ないでしょうか。山川出版社の『詳説日本史』では脚注に「日中両国ともに,アメリカの中立法(戦争状態にある国への武器・弾薬の禁輸条項を含む)の適用を避けるためなどの理由から,正式に宣戦布告はしなかった。」とありますが,なかなか着目しにくいところです。またbについては「盧溝橋事件→南京占領」という事項のみを整理している受験生が多いのではないでしょうか。第2次上海事変を知らない受験生多かったのでしょうか。
 一見,細かい内容に見えても,センター試験の出題者が教科書を参考にしているのがよくわかる問題です。


◆第6問 問6 問題番号34

問6 下線部(c)に関連して,日本軍が占領した都市について述べた次の文X・Yと,その都市の所在地を示した下の地図上の位置a~dとの組合せとして正しいものを,下の①~④のうちから一つ選べ。

  X 日中戦争勃発時に中華民国の首都がおかれていた。
  Y イギリスの支配する植民地であった。

   ※地図は省略


  ★① X-a Y-c② X-a Y-d
   ③ X-b Y-c③ X-b Y-d



 45.0%→34.57% ③20.6 ②20.3 ④11.8

 驚いたことに2013年の出題とほぼ同じ問題といってもいいでしょう。同じシンガポールの判断をさせています。しかし,正答率は3分の1程度でやはり受験生が地図,それもアジアの地図を出されるとできないというのがわかりました。なぜ2013年に出題されているにも関わらず,多くの受験生が対策をとっていないのでしょうか?センター試験は教科書と過去問です!過去問を解いていながらそこに着目しない受験生が多いことに驚きです。Xは南京,移動した重慶と間違ってはいけません③を選んでいる受験生が多いことを考えると,文章を読み違ったのでしょうか。Yはシンガポールです。確かに難問なのですが,2013年の問題を覚えていた受験生は解けたでしょう。ちなみにdはバタヴィアでオランダ領です。


●2013年 第6問 問6 問題番号34

問6 下線部(e)に関連して,日中戦争以後の日本軍の作戦行動にかかわる都市について述べた次の文X・Yと,その都市の所在地を示した下の地図上の位置a~dとの組合せとして正しいものを,下の①~④のうちから一つ選べ。  

  X 中国の国民政府が首都を移したこの都市には,日本軍により繰り返し爆撃が行われた。
  Y イギリスの植民地であったこの都市とその周辺地域では,反日活動の疑いをかけられた中国系住民(華僑・華人)が,日本軍により殺害された。

  ※地図は省略

 ①X-aY-c
 ②X-aY-d
 ③X-bY-c
 ④X-bY-d

 以上で2015年のセンター日本史B本試験の難問分析を終わります。
 これらの分析を実戦的に攻略していくために書いたのが,以下の本です。過去問で高得点をとれずに困っている受験生にお勧めします!


 



2015年センター日本史B本試験の難問分析 ~その3~

 2015年センター日本史B本試験の難問分析の続きです。


◆第3問 問3 問題番号15

問3 下線部(b)に関連して,中世の京都に関して述べた下の文X・Yについて,その正誤の組合せとして正しいものを,下の①~④のうちから一つ選べ。

 X 鎌倉時代の京都では,同業者の団体である座が結成されていた。
 Y 京都で起きた天文法華の乱では,一向一揆が延暦寺により攻撃された。

  ① X 正  Y 正 ★② X 正  Y 誤
  ③ X 誤  Y 正  ④ X 誤  Y 誤

 これは3分の1強の受験生しかできていない難問でした。やはり2文正誤問題です。④に誤答が偏っていますが,ある程度③①を選んだ受験生も少なくありません。Xを誤文と考えた受験生が半数近くになりますが,これは座の結成が鎌倉時代ではなく,室町時代という勘違いでしょうか。山川出版社『詳説日本史』では,鎌倉時代の「社会の変動」という項目で「京都や奈良の商工業者たちは,すでに平安時代の後期頃から,大寺社や天皇家に属して販売や製造についての特権を認められていたが,やがて同業者の団体である座を結成するようになった。」とあります。Xの選択肢はこの表現を短くしたものです。
 やはり教科書を丁寧に読んでおくことが重要だといえます。


◆第3問 問5 問題番号17

問5 下線部(c)に関して述べた文として正しいものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

 ★① この戦乱を朝鮮側では壬辰・丁酉倭乱とよんでいる。
  ② 日本軍は,慶長の役で漢城(現ソウル)を占領した。
  ③ 当時の中国王朝であった清は,朝鮮に援軍を派遣した。
  ④ 朝鮮水軍を率いる李成桂は,日本側の補給路を断った。

 朝鮮侵略についての問題ですが,やや些末な内容を問うているでしょうか。半分程度の受験生しかできていません。③清→明,④李成桂→李舜臣の誤りははっきりしていますが,①②は知識のない受験生は判断ができなかったでしょう。教科書では,地図で②の選択肢が判断できます。①について,山川出版社『詳説日本史』では脚注,実教出版『日本史B』には記述がありません。山川出版社『日本史用語集』では教科書頻度⑤/⑧です。
  教科書に掲載されている地図にも目配りをしておきたいところです。


◆第4問 問3 問題番号21

問3 下線部(c)に関連して,近世の東北諸藩に関して述べた下の文X・Yについて,その正誤の組合せとして正しいものを,下の①~④のうちから一つ選べ。

 X 仙台藩主伊達政宗は,メキシコと直接貿易を開くために,家臣をスペイン(イスパニア)に派遣した。
 Y 倹約を励行し,特産物の生産を奨励した藩主に,秋田藩主佐竹義和がいる。

★① X 正  Y 正  ② X 正  Y 誤
  ③ X 誤  Y 正  ④ X 誤  Y 誤

 今年度は2文正誤が難しかったようで,またもや「正・正」です。半分以下の受験生しかできていませんでした。誤答が②③で偏っているところをみると,わかっていなくて,適当に解答した受験生が多いのではないかという気がします。適当にマークするなら①④は避けるでしょうから。歴史用語が伊達政宗・佐竹義和と藩主の名前しかなく,具体的な内容が想起できなかったからでしょうか。特にYは判断しにくかったかもしれません。歴史用語がない抽象的な選択肢は「正」の確立が高いのですが。確かに選択肢をみると難問であった感じがします。


◆第5問 問1 問題番号25

明治初期にはいくつかの立法に関わる機関が設置されたが,その構成員は政府に任命された人々であり,権限も政府の諮問に答える程度の限定されたものでしかなかった。そのような機関の一つに太政官制の下で設けられた ア がある。また,1875年には, イ にもとづき元老院が設置された。(後略)

問1 空欄 ア   イ に入る語句の組合せとして正しいものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

  ① ア 枢密院  イ 立志社建白
  ② ア 枢密院  イ 漸次立憲政体樹立の詔
  ③ ア 左 院  イ 立志社建白
★④ ア 左 院  イ 漸次立憲政体樹立の詔

 これも半分程度の受験生しかできませんでした。②に誤答が偏っているので,アの左院と枢密院の判断ができない受験生が多かったようです。左院はやや細かい内容かもしれませんが,枢密院は基礎用語です。憲法制定過程において憲法草案の審議をしたうえ,その後は天皇の諮問機関であった組織です。少なくとも,太政官制下の組織でないことは判断しなければいけません。左院の知識が曖昧だとすれば,時期を判断する問題と考えてもいいかもしれません。時期の違いから消去法で解答できるでしょう。


◆第6問 問5 問題番号29

問5 下線部(a)に関連して,大正から昭和初期の社会運動やそれへの対応について述べた文として正しいものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

  ① 日本初のメーデーは,集会条例により中止された。
  ② 頻発する小作争議を取り締まるため,戒厳令が発せられた。
  ③ 関東大震災の混乱のなかで,無政府主義者の北一輝が憲兵に殺された。
 ★④ 思想取締りのため,特別高等警察(特高)が全国に設置された。

 半分強の受験生ができていました。誤答は偏っていません。受験生が苦手とする社会運動の問題であったことで,正答率が下がったのでしょう。2013年の問題番号33の以下の問題も正答率が低かったことを考えると,高得点を狙う受験生の盲点となっている出題といえます。
 近現代の社会運動は頻出ですが,正答率が低い問題が多いので,しっかり復習しておきましょう。

●2013年 センター日本史B本試験 問題番号33
問5 下線部(d)に関して述べた文として正しいものを,次の①~④のうちから一つ選べ。 
 ① キリスト教徒の内村鑑三が,神社参拝を拒否して大学教授の職を追われた。
 ② 人民戦線の結成をはかったとして,経済学者の滝川幸辰らが検挙された。
 ③ 社会主義者の北村透谷が,弾圧や投獄の結果,国家主義者に転向した。
★④ 実証的な古代史研究を進めた津田左右吉の著作が,発禁処分をうけた。

 (次回に続く)
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ