2017年のセンター日本史Bの分析はこれで終わりです。

◆第5問 問3 問題番号27
 下線部(b)[大久保利通]について述べた文として正しいものを,次の①~④のうちから一つ選べ。
 ① 幕末期に,木戸孝允とともに長州藩のなかで実権を握った。
 ② 岩倉使節団を送り出したあとの国内政治を担当した。
 ❸ 警察や地方行政などを管轄する内務省を設置した。
 ④ 西郷隆盛と大阪会議を開き,漸進的な国会開設方針を決めた。

 この問題は半分強の受験生しかできていませんでした。誤答で驚いたのは①を選んだ受験生が2割ほどいたことです。大久保利通ですよ!薩摩に決まっているじゃないですか。常識的な知識ではないんですね。近年,内務省を関連させた問題が出題されていますが,意外に正答率は低いです。内務省は2003年,2006年,2010年,2014年の日本史Bの本試験で出題されている頻出事項です。過去問をしっかり確認していればできるはずです
 2010年には以下のような問題が出題されていますが,正答率は50%程度でした。②の誤答が2割程度でした。内務省の管轄がわかっていない受験生が多いのでしょうか。

【参考】2010年 問題番号26
下線部(a)[内務省]に関して述べた文として誤っているものを,次の①~④のうちから一つ選べ。
 ① 内務省は,地方行政をつかさどった。
 ② 内務省は,警察行政を管轄した。
 ❸ 初代内務卿には,黒田清隆が就任した。
 ④ 第二次世界大戦後,GHQの指令により内務省は解体された。


◆第5問 問4 問題番号28
 下線部(c)に関連して,明治期の政商や実業家に関して述べた文として誤っているものを,次の①~④のうちから一つ選べ。
 ❶ 新政府から特権を得た住友は,三池炭鉱の払い下げを受けた。
 ② 五代友厚は,開拓使の官有物の払い下げを受けようとした。
 ③ 岩崎弥太郎は,海運業に参入し,三菱財閥の基礎を築いた。
 ④ 古川市兵衛は,足尾銅山を取得して,鉱山業を営んだ。

 この問題ができた受験生は半分程度で,誤文選択の問題にしては低い正答率した。誤答では④を選んだ受験生が4分の1ほど。足尾鉱毒事件について整理できていない受験生が意外に多いのでしょうか。③の三菱に関しては2015年,2010年にも出題はあり。ただ誤答は少なかったです。官営事業の具体的な払下げ先について,少なくとも2000年以降は出題がなく,教科書でも一覧表になっているだけでやや細かい出題かとも思いました。しかし,三池炭鉱については,高度経済成長期のエネルギー転換を背景とした「三井三池炭鉱争議」もあるので,知っておきたい事項ではあります。
 なお,財閥については以下のような出題もあり,注意が必要です。

【参考】2012年 問題番号26
 憲法や議会の制度が整えられたこの時期は,同時に経済成長が進んだ時期でもある。(b)1880年代後半から1890年代にかけて,断続的に会社設立ブーム(企業勃興)が起こり,産業革命をむかえた。
 下線部(b)に関して述べた文として誤っているものを,次の①~④のうちから一つ選べ。
 ① 民営の鉄道会社がいくつも生まれた。
 ② 多くの紡績会社が設立された。
 ❸ コンツェルンの形態による企業の結合が広くみられた。
 ④ 一部の工業分野で機械制による生産が広まった。


◆第6問 問2 問題番号30 ※図版は省略
 下線部(a)に関連して,日比谷公会堂で開催された催事に関する次の新聞記事と広告Ⅰ~Ⅲについて,古いものから年代順に正しく配列したものを,下の①~④のうちから一つ選べ。
 Ⅰ 満州事変二周年記念大会
 Ⅱ サイパン奪還国民有志大会
 Ⅲ 四党代表立会大演説会 ※「四党」=左派社会党・自由党・右派社会党・改進党
   ① Ⅰ-Ⅱ-Ⅲ   ❷ Ⅰ-Ⅲ-Ⅱ   ③ Ⅱ-Ⅰ-Ⅲ
   ④ Ⅱ-Ⅲ-Ⅰ   ⑤ Ⅲ-Ⅰ-Ⅱ   ⑥ Ⅲ-Ⅱ-Ⅰ

 この問題な年代順配列問題でもあり,半分以下の受験生しかできていませんでした。誤答をみると,Ⅲの選択肢を読み違ったのではないかと思われるものが多かったようです。「自由党」「改進党」を自由民権運動~初期議会のころと勘違いしたのでしょうか。写真に「片山哲」の名前があるので,明らかに戦後とわかるでしょう。しっかり図版を確認したいところです。Ⅰの「満州事変」は問題ないでしょう。Ⅱの「サイパン奪還国民有志大会」は一見,細かい知識に思えるかもしれませんが,アジア太平洋戦争時のサイパン島陥落については2008年,2014年に出題されており,また,ミッドウェー海戦についても2014年に出題されています。過去問でわかるようにアジア太平洋戦争の展開は頻出事項です。


◆第6問 問2 問題番号32
 下線部(c)に関して述べた次の文X・Yと,それに該当する場所a~dとの組合せとして正しいものを,下の①~④のうちから一つ選べ。
 X 三菱に払い下げられたこの地の造船所は,大規模造船に取り組み,日清戦争後の造船業を牽引した。
 Y 八幡製鉄所は,この地から産出する鉄鉱石を原材料として利用した。
 a 兵 庫   b 長 崎   c 大 冶   d 筑 豊
  ① X-a  Y-c   ② X-a  Y-d
  ❸ X-b  Y-c   ④ X-b  Y-d

 この問題は半分以下の受験生しかできていませんでした。誤答は④に偏っており,3分の1程度の受験生が選んでいました。Yは鉄鉱石で,中国の大冶鉄山と九州の筑豊炭田の区別もついていない受験生が多いということですね。八幡製鉄所については,以下のように2012年にも出題されており,過去問のチェックができていない受験生が多いことがわかります。

【参考】2012年 問題番号27
下線部(c)で用いられた原燃料に関して述べた次の文a~dについて,正しいものの組合せを,下の①~④のうちから一つ選べ。
 a 原料の鉄鉱石は,中国大陸の大冶で採掘されたものを用いた。
 b 原料の鉄鉱石は,九州地方の三池で採掘されたものを用いた。
 c 燃料の石炭は,中国大陸の大連で採掘されたものを用いた。
 d 燃料の石炭は,九州地方の筑豊で採掘されたものを用いた。
 ① a・c    ❷ a・d  ③ b・c   ④ b・d


◆第6問 問5 問題番号33
 下線部(d)に関連して,明治期の出版や文化について述べた文として正しいものを,次の①~④のうちから一つ選べ。
 ① 『中央公論』に掲載された民撰議院設立建白書は,自由民権運動が広がるきっかけとなった。
 ② 新聞紙条例にもとづき,横浜毎日新聞が創刊された。
 ❸ 北村透谷は『文学界』の誌上で,人間の感情を重視するロマン主義を説いた。
 ④ 大衆娯楽雑誌として『キング』が創刊され,多くの読者を獲得した。

 この問題の正答率は3分の1強でした。誤答は④に偏っていて,3分の1弱の受験生が選んでいました。「大衆」というキーワードから「大正から昭和初期」という時期が想起できないのでしょう。文化の背景を理解していれば,『キング』を知らなくても,大正時代以降と推測でき,誤文だと判断できるのではないでしょうか。文化史を「歴史用語の暗記」として学習していると,センター試験では高得点は望めません
 ちなみに③の北村透谷は2005年,2013年にも日本史Bの本試験で出題されています。


 第5問,第6問の近現代史は大問の正答率が60%を切ります。今年はやや難問が少なかった気もします。近現代史は受験生の差がつく問題が多く,攻略しないことには高得点は望めません。早めに学習に取り組んでほしいところです。
 また今年は全体的に強調していますが,過去にも出題されている内容にも関わらず,正答率の低い設問が多いことに気づきませんか?過去問を解いてしっかり復習する受験生が多ければ,こんなことにはならないはずです。出題する側は過去に出た問題をくり返し出題しています。過去問の丁寧な見直しがセンター日本史Bの最大の攻略法です。


 最後にセンター日本史B攻略のために僕が書いた参考書を紹介しておきます。

『センター日本史 満点のコツ』(教学社) 
 難問分析を通じてセンター日本史Bの攻略についてまとめています。センター日本史の勉強方法や過去問を解いた後の弱点攻略についてのアドバイスです。難問分析には「満点」をとるためのヒントが満載です。


『センター試験 日本史Bの点数が面白いほどとれる一問一答』(KADOKAWA)
 センター日本史Bの過去問を利用した一文の文章正誤問題を利用して,基礎知識をインプットすることを目的とした問題集です。類似の問題集は他にもありますが,この問題集の最大の特徴は受験生が苦手とする難問である「年代順配列問題」の攻略を大量に取り上げていることです。