もう1週間から10日ほどで、『センター試験 日本史Bの点数が面白いほどとれる一問一答』が発売になります。
今回はそれを利用した学習法を。
まだ、日本史の知識を十分に整理できず、今からどうやって勉強していいかわからないという受験生もいることでしょう。
そういった日本史の学習が遅れている受験生には、僕の書いた本をお勧めします。いずれも、短期間で仕上げられるので、この時期になっても、知識の定着に自信のない受験生にピッタリです。

まず、『時代と流れで覚える!日本史B用語』(文英堂)を2週間から1ヶ月で仕上げましょう。
今まで授業できいた内容をさっと整理するのが目的です。頭の中でバラバラになっていた歴史用語が「時代と流れ」で結び付き、覚え直せればOKです。時間をかけてはいけません。

次に『センター試験 日本史Bの点数が面白いほどとれる一問一答』(KADOKWA/中経出版)を2週間から1ヶ月で仕上げましょう。
目的は、受験生が苦手とする文章正誤問題と年代順配列問題に慣れつつ、今まで得た「日本史の知識をセンター試験に見合ったもの」にすることです。これも、短期間で一気に!

最後に過去問演習です。
最低でも、本試験10年分(2015〜2006年)は解いて下さい。
この段階で80点前後取れるていれば成功です。後は間違った問題を丁寧に分析して、弱点補強をして下さい。解説を読んで終わり!じゃダメですよ。知識不足を感じたら、『時代と流れ』『一問一答』に戻って、苦手分野だけ見直して下さい。

以上を年内に終わらせて、うまくいけば、本番で100点が取れるでしょう。
間違った問題の分析がうまくできない、という受験生は11月末に刊行される予定の本を待っていて下さい。きっと「満点のコツ」がわかるはずです。受験生が間違えやすいセンター試験の「難問」を分析した本です。

ただし、注意。
以上の内容は、学校や塾・予備校の授業を受けていた、あるいは、自分なりに今まで参考書・教科書で勉強していた、にも関わらず、知識の整理・定着ができていないという受験生へのアドバイスです。
今まで、まったく何もしていない受験生(極端に言えば初学者)へのアドバイスではありません。

次回は問題集・参考書執筆の関係で、例年より、大幅に遅れましたが、2015年度センター日本史Bの難問分析をしようと思っています。

ちなみに『センター試験 日本史Bの点数が面白いほどとれる一問一答』の見本が届きました。いよいよです。
image