久しぶりに記事を書きます。
テキストや問題集などの原稿が忙しく,
センター日本史Bの分析や国公立二次の解答例を上げる余裕もありませんでした。

今年は参考書・問題集を何冊か出版する予定です。
その第1弾が『一橋大の日本史15カ年』(教学社)です。
この過去問集は,過去の赤本の解答・解説の焼き直しではなく,新たに書き下ろした一橋大日本史を攻略するための参考書です。
解答・解説をまとめる上で留意したのは以下の3点です。

①「論述問題の型」を整理し,その「型」にしたがって問題を解いていくこと。

②大問ごとのテーマだけでなく,小問ごとのテーマを分析して一橋大の頻出問題を整理したこと。

③設問ごとの字数指定がないなかで,大問単位で与えられた「400字以内」という字数をどう使うか。

特に②では大問単位でなく,小問単位で問題をピックアップして頻出テーマの問題をまとめて学習できるようにしました。
③については大問「解説」の部分で理想的な字数を示すとともに,「論述のポイント」で解答の許容範囲を示し,設問によっては「別解」を付けました。
さらに解説では解答に関連する範囲で知識を広げられるように配慮しました。

また,「はしがき」にも書きましたが,この本を執筆するにあたって,同僚の塚原哲也先生のサイト『つかはらの日本史工房』の解答・解説を参考にさせてもらいました(許可はとっています)。
論述にはいくつかの解答が考えられます。そちらのサイトの解答・解説も参考にしてみてください。

一橋大受験生の役に立つことを願っています!