前回の続きです。岸田劉生はどのように出題されているでしょうか。

(1) 2003年 関西学院大学  F日程 第4問(抜粋)

 …美術では,e二科会やf春陽会』に属す洋画家や,再興されたg日本美術院の日本画家が活躍し,…

〔設 問〕
8.下線部fの中心メンバーであった岸田劉生の作品を下記より選びなさい。
 ア.『麗子像』  イ.『金蓉』   ウ.『紫禁城』   エ.『黒船屋』

(2) 2000年 関西学院大学  文 第5問(抜粋)

B.
イ.「収穫」は明治美術会を結成した浅井忠の作品である。
ロ.「湖畔」は白馬会を結成した黒田清輝の作品である。
ハ.「生々流転」は二科会で活躍した梅原竜三郎の作品である。
ニ.「麗子微笑」は春陽会で活躍した岸田劉生の作品である。

[設 問]
3.内容に誤りのあるものを選びなさい。
4.内容が正しく,かつ最も年代の新しいものを選びなさい。(イ)

 関学は岸田劉生は「春陽会の中心メンバーであった」「春陽会で活躍した」と出題しています。活躍したはいいのでしょうが,中心メンバーはどうか?という感じはします。

(3) 2001年 甲南大学  A日程 文,法 第4問(抜粋)

 …大正前期の洋画界に( 8 )とならんで影響力をもったのが,一連の麗子像」で有名な( 10 )とその結社,草土社であった。一方,外光主義のマンネリズムに陥り弱体化していた文展は,1919年に帝展に改組され,そこに参加した中村彝は「エロシェンコ氏の像」のような肖像画を残している。…
 …1922年に春陽会が結成された。そこには,「北京秋天」「紫禁城」などで有名な( 9 )が加わり,また客員には( 10 )などもいた。…

8-二科会 9-梅原隆三郎 10-岸田劉生 ※実際は記号選択の問題 

 この問題は,岸田劉生を春陽会だけで評価していません。そう言う意味では工夫された問題ではないでしょうか。「結局,『麗子像』と春陽会がヒントだ!」と言われてしまえばその通りですが,良問ではないでしょうか。

(4) 2003年 中央大学  経済 第3問(抜粋)

 …また,( 12 )の日本画部と相いれない層,すなわち「麗子像」を描いた岸田劉生らが1922年に,春陽会を結成し,大きな影響力を残した。… ※12は文展

 これは設問にはなっていないのですが,ひどいと思いませんか?岸田劉生は春陽会を結成したのではないと思うのですが…。ただ,設問になっていないので,問題ミスとは言えませんが,受験生に読ませるリード文としてはお粗末な感じがします。

 いくつかの入試問題をあげてみましたが,入試の中では岸田劉生は春陽会のメンバーとして覚えざるを得ないようです。もちろん,教科書や参考書では,岸田劉生や各画家を詳しく取り上げて美術史を説明することはできないので,やむを得ないとは思います。他の画家の説明なども,僕が知らないだけで,知っている人からすると,教科書や参考書には様々な違和感が残っているのでしょう。僕ももっと勉強しなければいけません。しかし,教える内容を「入試問題での扱い方」を意識して考えると,限られた講義時間の中で,教科書や参考書と違う自分の主張を生徒に伝えにくいのも確かです。結局,違和感があっても,「春陽会,岸田劉生ら」と教えるのが現状です。
 大学側で,上記(3)のような入試問題をもっと出題してほしいと思います。