大学受験の日本史を考える

大学受験予備校で日本史講師をしている鈴木和裕です! 大学受験の日本史について思いつくままに書いていきます!

ご意見・質問などはこちらまで
kazumha64@yahoo.co.jp

2014年03月

2014年 一橋大学 日本史の解答例

一橋大学の解答例です。参考にしてください。
他で解答例を使用すると思いますが,これから修正する可能性が高いです。


第1問
1本願寺の蓮如は,平易な文章で書いた御文により教義を説き,講を組織して布教活動に務め,越前に吉崎道場を開くなど,北陸・近畿・東海地方に勢力を拡大した。2寺檀制度。幕府はキリスト教や日蓮宗不受不施派を信仰させないため,宗門改めを実施し,寺院が檀家であることを証明する寺請制度を設けた。それにより人民が檀那寺の檀家となることが強制された。3鎮護国家。7世紀後半の天武・持統朝には官寺が建立されるなど国家的な仏教保護が進み,地方豪族も寺院を建立した。8世紀には法会などが盛んに行われ,聖武天皇は全国に国分寺・国分尼寺を建立し,中央では大仏を造立した。僧侶の教学研究から南都六宗が形成され,僧侶が資格を得る受戒制度が整備された。行基などの活動や地方寺院を通じて民衆にも広がった。4末法思想。浄土教。源信の往生要集。平等院鳳凰堂の阿弥陀如来像。5仏教浸透により貴族が獣肉を忌む習慣が広がり,食事では避けられた。(400字)

第2問
1川上音二郎。2明治初期には,四民平等の政策がとられ江戸時代の封建的身分制が解体された。そして西洋文明の摂取による近代化をはかる文明開化の風潮のなか,洋装が官吏や巡査の制服から次第に民間に広がり,散髪が認められたことで,ちょんまげにかわってざんぎり頭などが流行し,帯刀が禁止された。3領事裁判権の撤廃などの不平等条約の改正をめざす井上馨外務大臣が,欧米諸国との交渉を有利に進めるため,外国人を接待する社交場として鹿鳴館を建設して盛んに利用するなど,藩閥政府主導による極端な欧化政策をとった。4自由民権運動の高揚に対して政府は,言論や集会などを弾圧して運動の抑制をはかった。そのなかで自由党の壮士たちによる壮士芝居は,時事的な劇に政府批判などを盛り込み,民権思想を宣伝して民衆に広める役割を持った。こうした劇は,日清戦争前後から人気のある通俗小説の劇化を加えて人気を博し,新派劇が発展する基礎となった。(400字)

第3問
1天皇機関説は国家を法人とし,主権は天皇個人ではなく法人である国家に帰属し,天皇は国家の最高機関として憲法の範囲内で統治権を行使するとした。主権の持ち主を天皇とし,天皇は憲法にとらわれず,無制限に権力を行使できるとする天皇主権説と対立した。2岡田啓介。3滝川事件。自由主義的な刑法学説を唱える京大教授滝川幸辰が鳩山一郎文相の圧力で休職処分を受けたのに対し,法学部教授会は全員辞表を提出して抵抗したが敗北した。4明治初期,学制により全国を8大学区に分け,大学校を設置することを計画し,一方で西洋学問を教授する東京大学を設立した。1880年代には文相森有礼のもと,国家主義的な教育制度が確立し,帝国大学令が公布された。1930年代までに植民地も含め,各地に帝国大学が設置された。大正時代,経済発展による高学歴層に対する社会的な需要に対し,大学令が公布され,専門学校であった公・私立の学校や単科大学が大学とされた。(400字)

3月8日に修正しました。

2014年 東京大学 日本史の解答例

少し遅くなりましたが,東京大学の解答例を出します。
今年は,原稿等があり,他大学の解答例が出せませんが,一橋大学は出そうと思っています。
京大・阪大については例年通り,解答速報に関わっているので出しません。

第1問
A当初,有力氏族の長が太政官の公卿となり国政を審議したが,やがて実務能力の高い官僚が,氏族によらず,公卿となっていった。(60字)
B平安初期には,太政官組織を掌握した天皇への権力集中が進展し,摂関期には,天皇のもとで摂政・関白が大きな権限を持っていた。しかし,叙位・除目,受領の審査など重要な国政の審議については,天皇や摂政・関白を中心に太政官の公卿が参集して行われた。(120字)

第2問
A応仁の乱前は,幕政に参画する守護やその家臣が在京しており,武士は五山僧や公家と交流し,禅宗や公家の文化を融合させた。応仁の乱後は,戦乱により地方に下って行った武士が在国するようになり,大名は領国の中心である城下町に公家や僧侶など,京都の文化人を招き,保護することにより中央で発達した文化を受容した。
(150字)

第3問
A諸大名・旗本は主従制に基づき,領地の石高に応じた兵力として家臣を動員し,村々の百姓が村高に応じた人夫として動員された。 (60字)
B百姓への人夫の負担が重く,兵粮米の徴収などで米価が高騰し,民衆の生活に影響を与えていた。そのため,民衆の不満による百姓一揆や打ちこわしの増加で,藩内の支配が動揺することを恐れた。
(90字)

第4問
A政府の権限が制限された上に,公選制の衆議院が置かれ,議会では予算案や法案の審議が可能となった。条件付きではあるが国民の権利も認められたことで,運用次第では民権の伸張が期待できた。
(90字)
B法律の範囲内で言論・出版・集会などの自由が認められたため,法の改正・廃止により,個人の自由や権利の保障が必要と考えた。
(60字)
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ