大学受験の日本史を考える

大学受験予備校で日本史講師をしている鈴木和裕です! 大学受験の日本史について思いつくままに書いていきます!

ご意見・質問などはこちらまで
kazumha64@yahoo.co.jp

2012年07月

教育研究セミナー(東京)について

 東京での教育研究セミナーが近づいてきました。
 
 7月29日(日) 駿台お茶の水8号館
 
 対外関係の理解を深める~近現代・中編~

 中編として主に1920~30年代の対外関係を国内情勢(政治・経済)などと関連させながら整理したいと思っています。1920~30年代は,国際的にワシントン体制という国際協調体制が成立し,それが崩れていく過程であり,国内では政党政治が成立・崩壊していく過程で,簡単には整理できず,一回のセミナーでは第二次世界大戦後まで整理する時間はないのではないかということ,太平洋戦争とその戦後をまたいで整理したいという意図と,その2点から,1930年代で切りました。

 セミナーの終了後は,恒例となっている懇親会をしたいと思っております(駿台とは一切関係ない,個人的なものです)。日本史の話のみならず,様々な内容の話題で,毎回,有意義なものとなっております。自費となりますが,時間に余裕がある先生は是非,ご参加ください。HPにも,メールがありますので,事前に連絡をいただくと助かります(当日でも大丈夫です)。

 今回も多くの先生方の参加があり,楽しみにしています。よろしくお願いします。

センター日本史B 本試験 文化史について

 「大学受験の日本史を考える データ集」に昨年度から出していた「センター日本史B 本試験 文化史の問題(2010~2001)」の解説をようやくアップしました。
 受験生のみなさん,文化史の練習問題として,自由に使ってください(解説の著作権は放棄しておりませんので,営利目的では使用しないでください)。各設問の難易度付きですが,100点を狙っている受験生には関係ありませんね(笑)

 センター日本史Bの本試験では,必ず文化史が出題されます。それにもかかわらず,苦手な受験生が多く,正答率も低めに出る傾向があります。過年度の出題を見ると,小問で36問中,7問前後(20点前後)は文化史だと想定して学習しておいた方がいいでしょう。特に100点を狙う受験生にとっては攻略ポイントの一つです。

 文化史の出題は大きく2つのパターンに分かれます。通史を学習する際には意識しておいてください。

 ①時期の判断を求める…文化区分と文化事項は結びついているか?
 ②文化作品と作者などの知識を問う…作品-作者,学者-業績などの暗記は出来ているか?

 各時期の文化の背景を理解しておくことも大事ですが,文化史は語句の暗記知識がなければ解けない問題が多いので,作品や人物などをしっかり覚えるようにしてください。後は「センター日本史B 本試験 文化史の問題(2010~2001)」を練習問題として解いてみてください。似たような選択肢がくり返し出題されていることがわかるでしょう。

 問題を使用した人は,よかったら感想をください。コメントでも,TwitterでもOKです。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ